ドローン市場はどんどん拡大しいまや需要のあるものへとなってきました。

 

色々な場面で様々な利用がされているドローンですが、これから先もどんどん発展していくでしょう。

 

ドローンについてもっと詳しい知識が欲しいと思っている方のためにドローンスクールというものが存在します。

 

そこで今回は、東京のドローンスクールをいくつか紹介していきたいと思います。

 

ドローンスクールに通うメリットとは?

ドローンスクールに通う大きなメリットは3つあります。

 

・ドローン規正法やそのほかの知識について詳しく知ることができる
・ドローン操縦に関しても専門の先生の下学ぶことができます
・ドローン資格を得る事もできるので将来約に立つ場合もある

 

独学でドローンを1から学ぶよりもドローンを専門としている人に教えてもらうほうが圧倒的に効率がよいです。

 

ただしこれに関しては本格的に学びたい人限定になってきます。

 

例えば、ドローンについて学びはしたいがゆっくり少しずつでも時間的にもOKとゆとりがある人であれば独学でネットとか本などで知るのもよいかもしれません。

 

しかし、短期間で知識を取り入れたい方であれば圧倒的にドローンスクールに入校することをおすすめします。

 

また、独学で知識を取り入れることができても実際に動かすことができるかといえばなかなかそうはいかないと思います。

 

いわゆるドローンを実際に操縦してみるということです。

 

ドローンスクールではもちろん実技についてもやり方などを学べますのでただ、ドローンの知識だけを知りたいといった方であれば入校する必要はないと思いますが、操縦をしようと考えているのであれば入校することは必ずプラスになるでしょう。

 

またドローンにも資格があり、資格がなくてもドローンは使えますが将来ドローン関係に携わって生きたい方や仕事にしたい場合など資格というのが間違えなく有利になってくるでしょう。

 

そんな資格もドローンスクールであれば取れてしまうメリットもあります。

 

東京のドローンスクール比較資格取得におすすめの学校

 

・ドローンスクールジャパンお台場ビーナスフォート校

DPAが認定しているドローン学校で、2日間のフライトコースと、同じく2日間のビジネスコースに分かれており、受講料は合わせて32万円(税別)です。ビジネスコース合格後に、目的に応じた様々なコースを選択することができる幅広い選択肢のある学校です。

>>ドローンスクールジャパン お台場ビーナスフォート校<<

・日本ドローンアカデミー東京本校

JUIDAが認定しているドローン学校で、座学2日間と実技3日間で、平日コースと週末コースがあり、受講料は27万円(税別)です。コースには安全運航管理者としてのカリキュラムも含まれているため、修了後にJUIDA認定の安全運航管理者証明証を取得することができます。

>>日本ドローンアカデミー東京本校<<

・ドローン操縦士養成スクール東京校

JUIDA認定のドロ-ン学校です。座学2日間と実技2日間で受講料は30万円(税別)です。安全運航管理者養成コースが別コースとしてあり、受講料は10万円です。

>>ドローン操縦士養成スクール東京校<<

・DJI CAMP

こちらはDJI JAPAN株式会社が主催するDJI製品を使用した企業向けプログラムです。そのため2日間の合宿形式で受講料は宿泊費・食費込みで9万7,500円(税込)です。カリキュラムに目視外飛行と夜間飛行が含まれています。

>>DJI CAMP<<

・ドローン大学校東京校

JUIDA認定のドローン学校で、座学6日間と実技3日間、修了試験3日で入校金と受講料合わせて49万円(税別)です。料金にはドローン購入費も含まれているので多少高額となっています。また自分で機体を持ち込む場合は35万円(税別)です。実技は2回の合宿で行われ、料金には宿泊費・食費・交通費が含まれています。また安全運航管理者としてのカリキュラムも含まれています。

>>ドローン大学校東京校<<

 

 

東京都のおすすめのドローンスクールは?

 

こちらは個人的におすすめしたいドローンスクールを紹介いたします。

 

個人的には日本ドローンアカデミー東京本校をおすすめします。

 

日本ドローンアカデミー本校はJUIDAが認定しているドローン学校で座学2日間と実技3日間で、平日コースと週末コースがあり、受講料は27万円(税別)です。このコースには安全運航管理者としてのカリキュラムも含まれているので、修了後にJUIDA認定の安全運航管理者証明証を取得できます。

 

詳しく確認したい方は下記のURLから公式サイトをチェックすることができます。

 

>>日本ドローンアカデミー東京本校<<

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事