ドローンを使って、撮影を行いという人は、カメラが付いているドローンを選ぶ必要があります。

しかし、初心者の場合は、どのドローンを選べばいいのかわからないという疑問を持つ人も多く、情報を探している人もいます。

 

正しい知識を身に着けてからドローンを購入しないと、お金を払ってから後悔することになってしまいます。

そこで、この記事では、撮影用ドローンを選ぶ時のポイントや、具体的なおすすめドローンについて、詳しく解説していきます。

撮影用ドローンを選ぶ時のポイントは?

撮影用ドローンを選ぶ際には、いくつか注意するポイントがあります。

最低限このポイントだけ抑えておけば、大きな失敗を避けることができるでしょう。

 

性能

まずは性能です。

ドローンの性能ももちろん大事ですが、特に注意すべきなのはカメラの性能です。

当然撮影した映像の質というのは、カメラの性能によって大きく異なります。

解像度や画素数はどれくらいなのか、というポイントに注目し、慎重に判断することをおすすめします。

 

サポート機能

そして、ドローン操縦におけるサポート機能も大事です。

というのも、ドローンで綺麗な映像を撮る場合には、ドローンを安定して飛行させる必要があり、ドローンの軌道が乱れたり、ホバリングができなかったりすると、映像にも影響が出てきてしまいます。

 

そのため、特に初心者のうちは、ホバリングサポート機能や自動操縦などに対応しているドローンを選ぶことも大事になってきます。

 

バッテリーの持ち

ドローンでの撮影は、比較的長時間にわたることもあると思います。

そのため、バッテリーが長持ちするドローンを選ぶことが大事です。

ドローンによって、継続飛行時間が異なるため、できるだけ長く飛んでいられるドローンを選ぶことをおすすめします。

 

また、万が一バッテリーが切れてしまったときのために、予備バッテリーを常に持ち歩くというのも1つの手です。

 

撮影用ドローンでおすすめはどれ?

では、撮影用ドローンでおすすめなのは、どれなのでしょうか。

それぞれ見ていきましょう。

Mavic Mini DJI

このドローンは、重量が199グラムと非常に軽量です。

また、200グラム未満であるため、航空法の規制対象外となるのです。

他にも、2.7kカメラが搭載されているため、かなり綺麗な映像を撮ることができるでしょう。

 

更に、GPSとビジョンセンサーにより、性格なホバリングをすることができますので、映像にブレがなく、美しい映像を撮影することができるのです。

Teloo DJI

このドローンは、重量が80グラムとかなり軽く設計されています。

当然航空法の規制対象外となりますので、初心者でも比較的安心して飛ばすことが可能となります。

他にも、ワンタッチフライ機能がついているため、操作に自信がない人にもおすすめです。

重量も軽く、操作もしやすいことから、室内外問わず飛ばすことができます。

つまり、好きな時に好きな場所でドローンを楽しむことができるというわけです。

 

ANAFI Holy Stone

このドローンは、4Kカメラを搭載しているため、かなり綺麗な映像を撮ることができます。

また、明暗の差を最小限に抑え、ノイズなどを補正してくれるレンズも搭載しているため、プロさながらの映像を撮ることができるのです。

他にも、台風性能や高速飛行にも優れており、コンパクトな機体ながらもかなり高いパフォーマンスに期待することができます。

 

バッテリーの持ちも、約25分と長くなっているため、満足するまで撮影を続けることができるでしょう。

 

HS210 Holy Stone

こちらのドローンは、高度維持機能が備わっているため、操作に自信がない初心者でも、撮影に集中することができます。

また、ヘッドレスモードといって、ドローンのヘッドがどちらに向いていても、操作した方向へ動いてくれる機能も搭載されていますので、より質の高い映像を撮りたい人にもおすすめです。

 

Mavic 2 Pro DJI

このドローンは、24mmから48mmの高額ズームカメラを搭載しているため、小さなものでも綺麗に撮影することができます。

また、全方向障害物検知という機能もついているため、事故を未然に防止してくれるのです。

 

他にも、最大で31分の継続飛行ができるため、ストレスフリーで楽しむことができるのです。

 

まとめ

ドローンを使って撮影をするためには、当然カメラ付きのドローンを選ぶ必要があります。

 

ただ、カメラ付きのドローンを選ぶ際には、注意すべきポイントや着目すべきポイントもいくつかあるため、慎重に判断することが大事です。

自分の目的やレベルに合わせたドローンを選ぶことができれば、より満足のいく映像を撮影することができ、更にドローンの魅力に引き込まれること間違いなしです。

 

そのためには、自分がどんな映像を撮りたいのか、どんなドローンを求めているのかをハッキリさせ、それに近いドローンを探していく必要があるのです。

おすすめの記事