ドローンというのは、スティックを操作すれば簡単に操縦することができます。

ただ、操縦は簡単ですが、思い通りに動かすのには巧みな技術と知識が必要になります。

しかし、ドローン初心者は、そこまでの技量がないことも多く、思うようにドローンを動かすことが難しいことが多いです。

 

そこで、この記事では、ドローン初心者でも比較的容易に操縦することができるドローンについて、詳しく解説していきます。

ドローン初心者がまず知っておくべき事

ドローン初心者は、おすすめのドローン云々の前に、知っておくべきことがあります。

これはドローンを飛ばすための基本中の基本知識となりますので、逆を言えば、この知識がない人はドローンを飛ばしてはいけません。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

法令

まずは法令です。

ドローンを飛ばすためには、航空法や地方自治体が定めるルールに従う必要があります。

この法令に違反してしまうと、ペナルティの対象となったり、人や物を傷つけてしまう危険性があります。

 

そのため、最初はドローンの操縦法よりも、ドローンを飛ばす上で知っておかなければならないルールについて学習することをおすすめします。

 

機体重量

ドローンの機体重量というのは、物によって異なります。

200グラム以上の物であれば、航空法の規制対象になるため、守らなければならないルールがいくつもあります。

しかし、200グラム未満のドローンであれば、この航空法の規制対象外となるため、基本的には初心者でも扱いやすくなるのです。

ドローン初心者にはトイドローンがおすすめ

今紹介してきたことを踏まえて、ドローン初心者には、トイドローンを強くおすすめします。

トイドローンとは、ラジコンのような感覚で楽しめるドローンのことです。

重量も200グラム未満の物が多く、価格も非常に安いことから、初心者が操縦法や感覚を身に着けるのには最適なのです。

 

トイドローンのメリットは?

では、トイドローンを使うメリットには、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

操作がしやすい

まずは操作性です。

トイドローンというくらいですので、基本的には子供でも操縦できるようなシンプルな作りになっていることが多いです。

その分、ドローンでできることの幅は狭くなってしまいますが、操縦や感覚を掴むのにはうってつけです。

航空法の規制対象外

そして、先ほども説明した通り、200グラム未満のトイドローンであれば、航空法の規制対象外となります。

そのため、技術の習得や感覚の習得に集中することができるのです。

ただ、いくらトイドローンといえど、最低限のマナーやルールは守る必要があり、どこでも好き勝手に飛ばせるというわけではありません。

 

安い

そして、価格が非常に安いこともメリットの1つです。

中には5,000円程度で手に入る物もあるため、子供へのプレゼントとして購入していく人もいます。

 

価格が安いということは、それだけ操縦時のプレッシャーも少なくなります。

そのため、万が一ぶつけてしまっても、それがトラウマでドローンを嫌いになってしまうということを避けることができるのです。

 

トイドローンでおすすめはどれ?

では、そんなトイドローンのおすすめはどれなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

Tello DJI

このドローンは、重さが80グラムと非常に軽くなっています。

また、操作性もシンプルで、ワンタッチフライと機能というのを使えば、初心者でも簡単にドローンを飛ばすことができます。

 

初心者の中には、室内で練習をしたいという人もいると思いますが、そんな室内練習にも最適なのが、このTelooというドローンなのです。

 

Mavic Air DJI

このドローンは折りたたむことができるドローンです。

そのため、持ち運びが非常に簡単にできます。

 

他にも、4Kカメラが付いていますので、初心者でも楽しみながら綺麗な映像を撮ることができます。

その際に、3方向障害物検知という機能も作動してくれますので、撮影に夢中になって、ドローンをぶつけてしまったという事故も防ぐことができます。

 

HUBSAN X4 HD G-FORCE

このドローンは、機体重量が51グラムとかなり軽く、スマホと同じくらいの大きさです。

また、このドローンに高度維持機能やホバリング機能はついていません。

 

一見デメリットに感じるかもしれませんが、初心者が技術を高めるためにはかなりおすすめのドローンです。

このドローンで技術を磨き、ドローンの機能に頼らずとも、思い通りに動かせるようになりましょう。

 

まとめ

初心者は、まずトイドローンから始めてみることをおすすめします。

そうすることで、航空法の規制からも外れ、技術を磨くためのよい練習台となってくれます。

また、値段も非常に安いため、右も左もわからない初心者でも、気軽に購入することができます。

もし、もっとレベルの高いドローンが欲しいという場合であれば、トイドローンで技術を磨いてから、ドローンのレベルも徐々に上げていくことをおすすめします。

おすすめの記事