ドローンというのは、ラジコンのように好きな場所で飛ばせるものではありません。

ドローン規制法や小型無人機等飛行禁止法などで、禁止エリアが明確に定められているのです。

このルールに違反した場合は、罰金刑などが課せられてしまう可能性あるため、飛行場所は慎重に探さなければなりません。

 

しかし、中には、どのようにして飛行できる場所を探せばいいのかわからないという人もいると思いますので、この記事で詳しく解説していきます。

 

ドローンを飛ばすことができないエリアは?

小型無人機等飛行禁止法では、主に以下のエリアでドローンを飛ばすことを禁止しています。

・国会議事堂
・内閣総理大臣官邸
・原子力事業所

など、国の重要施設周辺での飛行は禁止となっているのです。

 

そのため、ドローンの飛行場所を探す際には、まずこのような国の重要施設がないかどうかということを確認することが大事になってきます。

 

規制がかかっているエリアでは絶対に飛ばせない?

他にも、航空法では空港の周辺や、高度150m以上の場所、人口密集地での飛行が禁止されています。

小型無人機等飛行禁止法で定められたエリアでドローンを飛ばそうと思っている人は少ないかもしれません。

 

しかし、仕事などでドローンを扱う人の中には、空港周辺や人口密集地などで飛行しなければならないという場合もあるでしょう。

その場合には、たくさんの書類を作り、国土交通省へ申請をする必要があります。

つまり、

「禁止されているエリアで飛ばすけど、安全に配慮するよ」

ということを国土交通省へ伝えに行くのです。

 

そこで、無事に許可が下りれば、飛行禁止エリアであってもドローンを飛ばすことが可能となります。

 

どうやって飛行禁止エリアを調べるの?

では、どのようにしてドローンを飛ばせるエリアを探せばよいのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

地図

アナログな方法としては地図で調べるという方法もあります。

しかし、この方法では、国の重要施設などを把握することはできても、そこが人口密集地かということなどを把握することはできません。

 

そのため、あまり正確な情報を得られない場合もあります。

 

ソラパス

ソラパスというサイトを利用して、禁止エリアかどうかを調べることもできます。

これは、飛行禁止エリアや国の重要施設などをはっきりと確認できるサイトですので、初心者でも飛行可能エリアを見つけやすくなります。

 

地理院地図

先程紹介した、一般的な地図だと中々ドローンを飛行させられるエリアを見つけることは難しいです。

しかし、国土地理院が作成している地理院地図であれば話しは別です。

 

また、サイト上で地理院地図を確認することができるため、住所や地名を入力すれば飛行禁止エリアかどうかを判断することができます。

 

DJIフライトマップ

DJIというのは、ドローン関連の有名企業です。

このDJIが作成した、DJIフライトマップからも禁止エリアを見つけ出すことができます。

DJIフライトマップは、おすすめの飛行可能場所を示してくれるというメリットもあります。

 

そのため、ドローン初心者やうまく見つけられるか不安な人は、このDJIマップを使ってみることもおすすめです。

 

ドローンフライトナビ

ドローンフライトナビというのは、アプリ形式となっていますので、スマホやタブレットから簡単に検索をするこおができます。

人口密集地域や重要施設、空港などを簡単い見つけることができるため、比較的使いやすいことが特徴的です。

 

また、アプリをインストールするのも、使用するのも無料となっていますので、誰でも気軽に使うことができるのです。

そして、一番特徴的なのは、日の出と日没の時間をタイマーで表示してくれるということです。

そのため、飛行可能な時間なのかということも調べることができます。

 

AIRMAP

AIRMAPというのは、国内だけでなく世界中のドローン飛行場所を探すことができるアプリです。

国内の飛行可能エリアを調べることもできますが、海外旅行でドローンを飛ばす場合には、是非入れておくことをおすすめします。

 

このアプリではフライトプランを作成することができ、そのプランがルールに違反していないかどうかというのも確かめることができます。

ドローンが飛行禁止エリアを認識してくれる?

近年では、ドローンの性能もかなり発達してきて、ドローンが自動で彦禁止エリアを認識してくれるものもあります。

ドローンに搭載されたGPSで飛行禁止エリアかを判断し、もし禁止エリアに入った場合は、自動で着陸したり、電源が落ちたりするため、るーる違反の心配がありません。

まとめ

このように、ドローンの飛行場所を知らべる方法はいくつかあります。

一般的な地図で調べることも不可能ではありませんが、かなりの根気が必要ですし、正確な情報を得ることができません。

 

そのため、今回紹介したサイトやアプリからドローンの飛行可能エリアを見つけ出すことをおすすめします。

 

 

おすすめの記事