ドローン初心者の中には、

「始めはトイドローンを操縦してみよう」

と思っている人もいると思います。

 

ただ、ドローンを操縦する上で気を付けなければならないのが、規制です。

この規制は法律でしっかりと定められているため、違反をすると罰金などのペナルティが課せられます。

そこで、この記事では、トイドローンとドローン規制の関係について、詳しく解説していきます。

ドローン規制とは?

ドローン規制とは、主に航空法のこと指します。

航空法では、飛行禁止エリアや、飛行におけるルールなどが記載されています。

例えば、人口集中区域での飛行禁止や高度150m以上の飛行は禁止などです。

飛行のルールとしては、

・夜間の飛行禁止
・目視外での飛行禁止
・人や物とは30m以上の間隔を保つこと
・イベント会場上空の飛行禁止
・危険物の輸送、投下の禁止

です。

 

航空法の対象となるドローンとは?

ただし、航空法の対象となるドローンにはある基準が設けられています。

それが、

「機体重量200g以上のドローン」

です。

つまり、機体重量が200g以下のドローンを操縦する場合は、航空法の規制対象外となるのです。

 

初心者にトイドローンを進めるブログなどが多いのは、この航空法の規制から外れるからという意味も含まれています。

200g以下ならドローン規制を無視していいの?

では、200g以下のトイドローンを飛ばす場合は、規制を無視していいのでしょうか。

結論から言ってしまうと、ダメです。

ドローンを規制する法律というのは、航空法以外にもいくつかあります。

そのため、例えトイドローンだったとしても、航空法以外の規制に違反をしてしまえば、ペナルティの対象となることは間違いありません。

 

200g以下のドローンが守らなければならない規制は?

では、200g以下のトイドローンを操縦する場合、どのような規制を守る必要があるのでしょうか。

 

小型無人機等飛行禁止法

まずは小型無人機等飛行禁止法です。

この法律は、2019年の5月に改正されました。

どのような法律かというと、国会議事堂や国の重要施設周辺ではドローンを飛ばしてはいけないという内容です。

 

この法律は、200g以下のドローンにも適用されます。

そのため、仮にトイドローンであっても、禁止されているエリアで飛行させた場合、1年以下の懲役または50万円の罰金を支払わなければならなくなってしまうのです。

 

電波法

ドローンはリモコンで操作をすることがありますが、ここで電波通信が発生しています。

しかし、ドローンとリモコンの送受信に使われる電波というのは、Wi-Fiと同じ電波帯となるため、許可や免許は必要ありません。

 

しかし、レースなどに使われるマイクロドローンを操縦してみたい人や

操縦する予定のある人は注意が必要です。

マイクロドローンを操縦するためには、アマチュア無線免許が必要になり、これを持っていないと操縦することすらできないのです。

 

条例

国の法律だけでなく、各都道府県や地域で条例が定められていることがあります。

そのため、航空法や小型無人機等飛行禁止法だけを守って入ればよいというわけではないのです。

 

例えば、都内の公園は条例によりドローンの飛行が禁止されています。

そのため、ドローンを私有地以外で飛ばす場合には、その場所が条例によって禁止エリアとされていないかどうかを確かめる必要があるということです。

個人情報保護法

トイドローンの中には、空撮を行えるものもあります。

トイドローンの価格自体が安いため、子供や初心者でも気軽に空撮を楽しむことができます。

 

しかし、映像を撮影するということは、肖像権や個人情報保護法などにも気を配らなければなりません。

例えば、映像に他人の顔が映り込んでしまったことを気づかずに、YouTubeなどにアップした場合、それが原因で訴えられてしまうことがあります。

 

悪意が無くても、そのような事態に陥ってしまう可能性があるため、トイドローンで空撮を行う場合には、周りに人や映してはいけないものがないかどうかをしっかりと確認することが大事です。

 

道路交通法

道路交通法は、ドローンのルールなどが定められている法律ではありません。

そのため、直接的な関係ありませんが、例えばトイドローンを道路に着陸させたり、離陸させたりする場合には、管轄の警察から許可を貰う必要が出てきます。

 

また、離着陸を行わなくても、道路を横切った場合も、道路交通法に違反してしまう可能性があるため、トイドローンを操縦する場合には、公道の近くでは飛ばさないことが大事になってきます。

まとめ

200g以下のドローンは、航空法の規制対象外ですが、小型無人機等飛行禁止法などの規制の対象となる場合があります。

そのため、むやみやたらにドローンを飛ばしたり、撮影を行うことは控えましょう。

安心して、楽しくドローンを操縦するためには、まずは守らなければならないルールについての知識をつけることが必要です。

おすすめの記事