ドローン規制というのは、国で決められたものもあれば、各都道府県で決められている規制もあります。

つまり、ドローンを飛ばす場所によって、守らなければならないルールが異なるということです。

 

では、東京のドローン規制は一体どうなっているのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

東京のドローン規制で覚えておくべき事

まず、東京でドローンを飛ばそうと思った場合、覚えておかなければならないことがあります。

それは、どこで飛ばす場合でも守らなければならない法律です。

この法律に違反してしまうと、罰金などのペナルティが課せられてしまう場合があるため、正しく理解しておく必要があります。

 

航空法

まずは航空法です。

航空法では、ドローンを飛ばしてはいけないエリアと、ドローンを飛ばす上で守らなければならないルールが定められています。

ドローンを飛ばしてはいけないエリアとしては、

・空港などの周辺
・高度150m以上の場所
・人口密集地域

です。

 

ドローンを飛ばす上でのルールとしては、

・夜間の飛行禁止
・目視外飛行禁止
・人や障害物とは30m以上の距離を保つこと(建物や関係者、操縦者は含まない)
・イベント会場上空の飛行禁止
・危険物の輸送、投下禁止

このようになっています。

 

ただ、この規制の対象となるのは、機体総重量が200g以上のドローンのみです。

つまり、200g以上のドローンを飛ばす場合には、どこで飛ばそうと、どんな理由があろうと、これらのルールを守らなければならないということです。

 

もし、業務などで使用する場合には、国土交通省などへ申請を行い許可を貰うことで、通常は禁止されている飛行区域、飛行方法で飛ばすことができる場合もあります。

この航空法に違反すると、50万円以下の罰金刑が科せられてしまうため注意が必要です。

 

小型無人機等飛行禁止法

小型無人機等飛行禁止法では、主に飛ばしてはいけない場所について定められています。

具体的な場所は、国会議事堂や原子力発電所、内閣総理大臣官邸など、国の重要施設周辺です。

先ほどの航空法は、機体総重量が200g以上のドローンのみが対象でしたが、この小型無人機等飛行禁止法は、重量に関わらず全てのドローンに適用されます。

 

もし、この規制に違反した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

東京の公園ならドローンを飛ばせる?

冒頭で、ドローンを飛ばすためには、国で決められた規制だけでなく、都道府県が定めた条例なども守る必要があると説明しました。

都道府県によっては、公園でドローンを飛ばせる場合もあります。

 

しかし、東京都の場合は条例で、全ての公園でのドローン飛行を禁止しています。

このきっかけとなったのは、首相官邸にドローンが墜落した事件です。

 

「公園なら広いし、人もいないから大丈夫だろう」

という安易な気持ちで飛ばしてしまうと、違法となりますので気を付ける必要があります。

東京でドローンを飛ばせる場所を調べるには?

東京でドローンを飛ばせる場所を探す方法には様々な種類があります。

まずは、国土地理院が作成している地理院地図です。

この地図には、人口密集区域などが掲載されているため、どこで飛ばせるのかを調べることができます。

 

ただ、地図で調べると、かなりの時間と労力がかかってしまいます。

現在では、飛行場所を調べることができるアプリやサイトなども存在しますので、そちらで調べることをおすすめします。

例えば、ドローンの大手企業DJIが運営している、DJI安全飛行フライトマップです。

これを使うと、人口密集地域が簡単にわかりますので、比較的短時間で飛行可能場所を見つけることができるでしょう。

 

ただ、そのようなアプリやサイトで、仮に飛行可能な場所を見つけたとしても、所有者に確認を取っておくことが大事になってきます。

ぶっちゃけ東京でドローンを飛ばせる場所は少ない

東京でドローンを飛ばせる場所を探す方法を紹介しておいてなんですが、ぶっちゃけ東京でドローンを飛ばせる場所は非常に少ないです。

なぜなら、日本の首都でもあるため、ほとんどの場所が人口密集区域に設定されています。

そうでなかった場合でも、空港が近くにあったり、国の重要施設が近くにあったりするため、ほぼないと考えてよいでしょう。

 

しいて上げるとすれば、奥多摩や西多摩、あきる野市周辺です。

この辺りは人口密集区域に設定されていませんので、ドローンの飛行が可能である場合があります。

ただ、事前に管理者や関係機関に許可や確認を取ったうえで飛ばすことをおすすめします。

まとめ

東京都の公園では、ドローンを飛ばすことはできません。

このように、各都道府県によって様々な条例が定められていることもあるため、しっかりと調べておくことをおすすめします。

また、東京都内でドローンを飛ばせる場所は非常に少ないです。

仮に飛行可能エリアを見つけた場合でも、無断で飛ばすのではなく、事前に管理者や所有者に確認を取った上で飛ばすことをおすすめします。

おすすめの記事