北海道でドローンを飛ばしたいと考えている人も多いと思います。

広大な牧場地や雪で囲まれた大地など、きっとドローンで空撮をすれば、綺麗な映像が取れること間違いなしです。

 

しかし、当然北海道でドローンを飛ばす場合には、守らなければならない規制があります。

これを知らずにドローンを飛ばしてしまうと、違法行為となってしまう場合があるため注意が必要です。

そこでこの記事では、北海道でドローンを飛ばす場合の規制などについて、詳しく解説していきます。

 

ドローンを飛ばすために知っておくべき規制

まず、ドローンを飛ばすために知っておくべき規制がいくつかあります。

これは、北海道で飛ばす場合でも、東京で飛ばす場合でも守らなければならない規制で盛もあります。

では、詳しく見ていきましょう。

 

航空法

航空法というのは、重量が200g以上のドローンが対象となります。

内容としては、飛行禁止エリアと、飛行させる際のルールが明記されています。

飛行が禁止となるエリアは、空港の周辺や150m以上の上空、人口密集地域(DID)です。

飛行させる際のルールとしては、

・日中に飛行させること
・イベント会場で飛行させないこと
・人や障害物と30m以上の距離をあけること
・目視の範囲内で飛ばすこと
・危険物の輸送、投下はしないこと

となっています。

 

ただ、例えば農薬散布をドローンで行う場合、危険物の輸送、投下に該当します。

このような場合には、国土交通省へ申請を出し、許可を貰うことで禁止されているエリアや禁止されている飛ばし方ができるようになる場合があります。

しかし、当然正当な理由がなければ、国土交通省から許可が下りることはありません。

 

小型無人機等飛行禁止法

小型無人機等飛行禁止法では、首相官邸や原子力発電所、国会議事堂前など国の重要施設周辺の飛行を禁止しています。

 

また、先ほどの航空法は200g以上のドローンが対象でしたが、この小型無人機等飛行禁止法は重量による制限はありません。

そのため、例えトイドローンでも、禁止されている場所を飛行した場合は違反となるのです。

 

道路交通法

道路交通法は、直接ドローンの飛行場所やルールなどを制限するものではありません。

しかし、道路で離着陸を行ったり、ドローンを使うことで交通渋滞を発生させてしまう場合などは、道路使用許可を取らなければなりません。

また、道路の上空を飛んだり、横切ったりする場合も、道路交通法に引っかかってしまう場合があるため注意が必要です。

 

民法

「民法って関係あるの?」

と思う人がいるかもしれませんが、意外と気を付けなければならないポイントです。

例えば、権利の侵害や肖像権の侵害です。

ドローンを飛ばし、知らないうちに他人の敷地に入ってしまったり、所有地上空で飛ばしてしまったりすると、訴えられてしまう可能性があります。

また、空撮をする際はもっと気を付けなければなりません。

自分では景色や風景を撮ろうとしていたつもりでも、他の人の顔が映り込んでいた場合は肖像権の侵害に当たる場合があります。

条例を守る必要もある

先ほど、航空法などで禁止されていることでも、国土交通省などの関係機関に申請をして、許可を貰うことができれば飛ばすことができる場合もあると説明しました。

しかし、場合によっては、国土交通省から許可が出た場合でも、ドローンを飛ばすことができない場合もあります。

北海道で言うと、札幌市内の公園などが挙げられます。

札幌市内ということは、人口密集地域になりますが、仮に国土交通省から人口密集地域での飛行を許可してもらったとしましょう。

 

しかし、札幌では条例が定められていて、公園でドローンを飛ばすことは禁止されています。

つまり、航空法や小型無人機等飛行禁止法などには違反していなくても、条例に違反してしまっている可能性があるのです。

管理者に許可をとっておくことが大事?

北海道でドローンを飛ばす場合には、どこであろうとそこが自分の所有地でないのであれば、許可を取っておく必要があります。

例えば、ドローンが飛ばせる場所をサイトやアプリで見つけられた場合でも、必ずしもそこでドローンを飛ばせるとは限らないのです。

 

そのため、より安心して、楽しくドローンを楽しむのであれば、飛行場所を見つけた後に、所有者や管理者に連絡を取り、許可をとっておく必要があるということです。

まとめ

このように、北海道でドローンを飛ばす場合には、条例を守らなければならない場合もあります。

また、北海道で決められている条例だけでなく、各地方自体で定められている条例もあるため、旅行で行く場合などはしっかりと関係機関に確認し、正しい知識をつけておくことをおすすめします。

 

仮に全く知識がない状態で、北海道へ旅行に行き、現地でドローンを飛ばしてしまうと、条例違反としてペナルティが課せられてしまう可能性があります。

調べたり覚えたりするのは、若干時間がかかり面倒くさいかもしれませんが、必ず行っておくことが大事です。

 

 

おすすめの記事