近年、ドローンを使ったビジネスが増えてきています。

ただ、そのドローンを操縦できる知識と技術を持ったパイロットは少ないのが現状です。

そこで、もしこれからドローンを使う仕事がしたいと考えているのであれば、ドローンの免許を取っておくことがおすすめです。

この記事では、そんなドローン免許と就職について詳しく解説していきます。

 

ドローン産業は急成長している

ドローン産業は、年々急成長を見せています。

後程詳しく解説しますが、様々な分野でドローンが導入され、人件費の削減や作業の効率化などの役目を果たしているのです。

 

今後も、たくさんの業界でドローンが導入されていくでしょう。

しかし、ドローンを巧みに扱うことができるパイロットが少ない今、企業は高度な知識と技術を兼ね備えた人材を欲しがっているのです。

 

そのため、もしドローンに関する仕事がしたいと思っているのであれば、免許を取得しておくことがおすすめです。

これについても、後程詳しく解説しますが、ドローンの免許を持っているかそうでないかで、採用される確率が変わってくる場合があるのです。

 

ドローンを使った仕事にはどんな物がある?

では、ドローンを使う仕事には実際どのようなものがあるのでしょうか。

代表的なものをいくつかピックアップして紹介していきます。

 

空撮カメラマン

まずは空撮カメラマンです。

空からの映像は、以前まではヘリコプターなどを使用して行っていたのですが、ドローンが登場した今、そのような必要はなくなりました。

ヘリコプターなどをチャーターすれば、かなりのコストと手間がかかります。

しかし、ドローンであれば、大幅なコスト削減と人員のカットができるのです。

 

ただし、空撮カメラマンになるためには、ホバリングや高度調整など、高度な技術や知識が必要になります。

そのため、ドローンスクールなどでしっかりと勉強をして、実力を付けなければ、空撮カメラマンとして採用されない場合もあるのです。

 

しかし、一度空撮カメラマンとしての経験と知識、技術を身に着けてしまえば、会社に属すのではなく、個人で仕事を請け負うこともできます。

このように、空撮カメラマンというのはかなり現実的で将来性のある仕事なのです。

 

農薬散布

今の農業が持つ課題をご存じでしょうか。

それは、

「人手不足と従事者の高齢化」

です。

 

農業に従事している人がどんどん高齢化してきているのにも関わらず、農業をやりたいと思う若者が減っているという危機的状態に陥っているのです。

そのため、農薬散布や収穫なども、かなりの人員と手間がかかってしまうことが多いです。

 

しかし、ドローンが登場したことによって、農業に革命が起こりました。

なぜかというと、ドローンが農薬散布や収穫を人の代わりに行ってくれるからです。

農薬散布をドローンで行うことができれば、パイロット一人いれば十分ですので、かなり広い面積でも短時間で作業を行うことができます。

 

また、収穫の際も、高齢者だけだと体力的に厳しいことが多いのですが、ドローンが導入されることで、その負担を減らすことができます。

 

このように、ドローンというのは農業にも導入され始めてきているのです。

 

各種点検業務

点検業務などにもドローンが導入されています。

というのも、設備などを点検する際に、どうしても人の立ち入りが困難な場所や危険な場所というのも出てきます。

 

しかし、ドローンであればそのような場所にも入っていくことができますので、人間は危険を冒す必要がなく、ただドローンを操縦してモニターで点検を行えばいいだけなのです。

 

ただ、点検業務でドローンを扱う場合は、狭い場所などを飛行しなければならないこともあります。

つまり、かなり高度な操縦技術が必要になるということです。

 

ドローン免許はすぐ取れる?値段は?

ドローンの操縦技術や専門知識を手に入れるためには、免許を取得することが一番の近道となります。

ただ、ドローンの免許、資格には様々な種類があり、それぞれで値段も違います。

数万円から数十万円の費用が掛かる場合もあるため、その資格を取ることでどんなメリットがあるのかをしっかりと吟味してから取得することがおすすめです。

就職で有利になることもあるの?

先ほど紹介した職業以外でも、今後たくさんの企業がドローンを導入し、ドローンを絡めたビジネスを展開していくでしょう。

そうなれば、企業はドローンを巧みに扱えるパイロットを求めます。

しかし、現状そのようなパイロットは少ないです。

つまり、今の段階でドローンの免許を取り、知識と技術を身に着けることで、就職に有利になることがあるのです。

まとめ

ドローンの免許を取っておくと、就職で有利になることがあります。

これから更にドローンを導入する企業が増えてきますが、パイロットは少ないのが現状です。

そのため、今のうちに免許を取得しておき、他の人と差別化を図ることが、就職活動を有利に進めるための裏技になる場合もあるのです。

おすすめの記事