ドローン申請許可には最低飛行時間10時間必要?

まずはじめにドローンの許可申請には最低でも10時間の飛行実績が必要となっています。

ただドローンを空中に飛ばしていたというのは実績には入りません。

どういったものが飛行実績にはいるのかといえば具体的にはこちら↓

・ホバーリング
・飛行の組合
・離着陸
・水平面飛行
・八の字飛行
・対面不幸
・左右前後方面の移動
上記などが挙げられます。
しかしドローン許可申請にはこれらを満たしていても誰でも通ると言うわけではないということも覚えておいてください。
飛行技能以外にもドローンに関する知識や法令知識も問われるのでしっかりと学ぶ必要があります。

ドローン許可申請はどのように行うのか?

ドローン申請許可にはいくつか必要書類を用意しなければいけません。

ドローンの許可申請の手続きは申請書類と認定書などの必要書類を提出して行います。

申請書の提出方法は郵送や持参、オンライン申請の3つがあります。

申請書の提出先は、許可先生内容によって異なります。

空港周辺と150m以上の高さのドローン飛行許可をとる場合はそのエリアが管轄の空港事務所に先生をしなければいけません。

それ以外の航空法の申請先は国土交通省の航空局にて申請します。

地域によって管轄の航空局が違います。

申請先
静岡県、長野県、新潟県を含んだそれより東側東京航空局への申請
それ以外の地域大阪航空局への申請

ドローン申請許可時間帯は?

ドローンの申請はオンライン申請であれば24時間いつでも申請書が提出できるようになっています。

オンライン申請に必要なものはアカウント用のメールアドレスと申請内容ごとに必要な添付書類です。

また、今使用しているお使いのパソコンが安全な通信のための自己署名証明書が入っていなければ、インストールしておくと良いでしょう。

アカウントを作ってログインした後の過程↓

手順
・ドローン機体の情報
・機体者情報の登録
・申請書作成
・申請書提出
・審査
・PDFでの許可書発行
・原本郵送のため返信用封筒の送付

申請はいつまでに済ませておくべき?

ドローンの許可申請には時間がかかります。

交通省のウェブサイトで確認してみると「飛行開始予定日の10開庁日前後」と記載されています。

ただし、注意してほしいのがこちらは最短時間での申請手続きとなります。

オンライン申請であれば多少はかかる時間を減らす事はできますがそれでも1ヶ月は見ておくと安心です。

ドローンの申請条件は?

ドローンを離発着させて真上に飛べば操縦できることは確かではありますが、それでは国土交通省が定めている基準に達していないのです。

ドローンが安定して飛行できるのはGPS機能がついているからです。

このGPSをつかんでいるからこそ多少の風が吹いてもしっかり直進してくれます。

GPSを切った状態でドローンをコントロールすることが申請条件になっています。

また航空法の理解も大切です。

法律に反した場合は罰金や書類送検などに処される場合があります。

また、ドローンの許可申請の際に飛行申請がされていますが、今のところ自己申告制となっていますので正確な証明証などは現時点では必要ありません。

しかし、今後必要になる可能性もないとはいえませんので、飛行記録を残しておくと良いでしょう。

ドローンの飛行練習をするには?

ドローンの飛行練習をしたい場合はスクールを受講する事をおすすめします。

お金はかかってしまうのですが、スクール受講することでそこでしか学ぶ事ができないようなことが学べたり、基礎からみっちりと専門のスタッフに指導をしてもらえるので上達スピードは独学に比べると速いと思います。

また、スクールでドローン機体のレンタルもありますので、いきなり高額なドローンを買って失敗して壊してしまうなんてことがならないためにもスクールを受講することは非常に大切だと思います。

またスクールでは10時間の飛行実績も積めて資格もとることができます。

航空法のルールに違反しない場所を見つけて飛ばすといっても探すのが大変ですよね。

スクールではそんなことも気にすることなく飛ばす事ができますので早く実績や上達をしたい人にはもってこいのサービスです。

飛行申請許可には基本的に最低10時間以上に飛行経験が必要ですので今のうちから確認をしておくようにしてください。

おすすめの記事