ドローンの存在が徐々に認知されてきており、

「操縦してみたい」

と考えている人も増えてきました。

 

ただ、ドローンを飛ばしたいと思っている人の中には、

「資格や免許は必要なの?」

という疑問を抱いている人もいます。

 

そこで、この記事では、ドローンに関する資格の種類やドローンを飛ばすのには資格が必須なのかということについて、詳しく解説していきます。

 

ドローンを操縦するのに資格は必須?

結論から言ってしまうと、ドローンを飛ばすのに必ず資格が必要というわけではありません。

つまり、一定の条件を満たせば誰でもドローンを飛ばすことができてしまうのです。

ただ、場所によっては、守らなければならないルールや法律などがある場合もあるため、注意が必要です。

 

注意すべき法律はいくつかありますが、代表的なもので言うと、

・航空法
・小型無人機等飛行禁止法
・道路交通法
・民法
・電波法

などです。

 

趣味の範囲内でドローンを操縦する場合でも、仮にこの法律やルールを破ってしまうと、ペナルティが課せられてしまう場合がありますので注意が必要です。

 

ドローンというのは、誤って落下させたり、人にぶつけたりすると、大けがをさせてしまう可能性があります。

そのため、

「知らなかった」

では済まされないのです。

 

どんな時にドローンの資格が必要?

ドローンを飛ばすだけであれば、資格は必要ありませんが、ドローンに関する資格を取得しておくと有利な場面というのもあります。

それは、ドローンを仕事で使う時です。

空撮をするにせよ、農薬散布をするにせよ、依頼主はドローンの知識とスキルのある人に頼みたいはずです。

 

しかし、資格がなければ自分の能力を相手にアピールすることができない場合もあります。

ドローンの資格を取得しておけば、それがアピールポイントとなりますので、依頼主が安心して仕事を任せてくれるようになることもあります。

ドローンの資格は何種類くらいあるの?

ドローンには、車やバイクのような「免許」というのは現状存在しません。

あるのは民間資格のみです。

ただ、その民間資格の中にもいくつか種類がありますので、詳しく解説していきます。

DJI CAMP

DJIというのは、ドローンの大手メーカーです。

このDJIが認定している資格というのがあります。

国内、国外問わず圧倒的なシェア率を誇るDJIならではのプログラムが組まれており、かなりおすすめの資格です。

ただ、DJIが製造、販売しているドローンの機能を元にした講義となりますので、注意が必要です。

DPA

DPAというのは、一般社団法人ドローン操縦士協会が認定している資格です。

こちらは、現在の民間資格の中では、得られるスキル、知識ともに最高峰ともいわれています。

ただ、その分受講料も比較的高い傾向にあります。

JUIDA

JUIDAというのは一般社団法人日本UAS産業振興協議会という団体が認定する資格です。

JUIDAの特徴としては、座学の内容がとても充実しているということです。

そのため、ドローン初心者やドローンの操縦よりも知識を習得したいという人におすすめな資格となっています。

ドローン検定協会認定資格

この資格は、名前の通りドローン検定協会が認定している資格です。

正式名称は、無人航空従事者試験といいます。

このドローン検定の特徴は、筆記試験のみという点です。

実技試験は一切ありませんので、ドローン検定の受講を予定している場合には注意が必要です。

ドローンフライトマスター講習

ドローンフライトマスター講習は、ドローンを扱ったことがない人や、知識がほとんどないという人におすすめです。

なぜなら、国道交通省が定める受講内容を網羅しており、講習後に行われる検定に合格することができれば、ドローン操縦技能証明書を発行してもらうことができます。

この証明書を持っていることで、ドローンを飛ばすための許可が取りやすくなるのです。

第三級陸上特殊無線技士

この資格は、どのような時に必要となるかというと、電波法で定められた周波数帯でドローンを飛ばす場合です。

ドローンを趣味で飛ばす場合や、電波法で定められた周波数帯以外でドローンを飛ばす場合には、あまり必要ではない資格です。

ただ、ドローンを使って上空から空撮を行う場合や、仕事でドローンを使う場合には、取得しておかなければならない場合もあります。

 

まとめ

ドローンには、免許というものはありません。

その代わり、いくつかの民間資格があります。

ドローンを飛ばすのに必ず資格が必要となるわけではありませんが、ドローンの資格を取得するということは、ドローンを飛ばすための最低限の知識、スキルを習得することに繋がります。

そのため、今後仕事でドローンを活用していきたいと考えている人や、ドローン初心者で、全く知識がないという場合には、是非資格の取得をおすすめします。

 

場合によっては、資格を取得しておくことで、仕事で依頼主から信頼されたり、優先的に仕事を振ってもらえる場合もあります。

 

おすすめの記事