ドローンの民間資格には、いくつか種類があります。

それぞれで講義内容が異なる場合があり、どの資格を取得しようか悩んでいる人もいると思います。

しかし、それ以上に気になっているのは、

「値段」

ではないでしょうか。

 

ドローンの資格を取得するためには、決して安くない料金がかかります。

では、なぜドローンの資格取得費用の相場は高いのでしょうか。

具体的に解説していきます。

 

ドローンの資格取得費用が高いと言われている理由

ドローンの資格取得費用が高いと言われているのには、いくつか理由があります。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ドローンのスキルと知識を持った人が少ない

ドローンの歴史というのはまだ浅く、ドローンのプロと呼べる人が少ない傾向にあります。

資格を取得するということは、ドローンのプロから指導をしてもらわなければなりませんが、まだそのような人材が少ないことから費用が高めに設定されているのです。

ただし、今後ドローンが当たり前の存在になり、ドローンのプロと呼べる人が増えてくれば、資格取得費用が下がる可能性もあります。

ドローンに将来性があると判断されている

ドローンは、ビジネスの場でも応用されるようになってきました。

ドローンを活用したビジネスの市場は、毎年右肩上がりに成長しています。

今後も、益々成長していき、様々なビジネスでドローンが活用されていくことが予想されます。

ドローンの資格の需要が今後高まることを予想して、若干高めに設定しているのです。

ドローンの認知度が低い

ドローンの存在を知っている人というのは、全国的にみるとかなり少ないです。

以前に比べて、ドローンの認知度は上がりましたが、具体的な活用方法や操作方法を知っている人は少ないです。

そのため、費用を比較的高めに設定しても、資格を取得しに来る人がいるだろうという理由から、費用を高めに設定している団体もあります。

ただし、逆を考えると、まだ世間が認知しきれていない今こそ、ドローンの資格を取得しておくべきだと言えるでしょう。

なぜなら、車の免許のように当たり前の存在になってしまったら、ドローンの資格を取得する意味がなくなってしまうからです。

まだ、ドローンの資格を取得している人が少ない今だからこそ、今後ドローンを仕事で活用していきたいと考えているような人は、積極的に取得しておくべきなのです。

 

代表的なドローンスクールの費用相場

では、具体的にドローンの資格取得費用はいくらくらいなのでしょうか。

代表的なドローンスクールの費用相場を見ていきましょう。

 

つくばドローンスクール

つくばドローンスクールには、2つのコースがあります。

まずは無人航空機操縦技能コースです。

費用としては、約34万円となっています。

もう1つが、無人航空機安全運航管理者コースというもので、こちらの費用は約8万5000円です。

日本ドローンアカデミー

日本ドローンアカデミーは、ドローン操縦士+安全運行管理者コースで、約27万円程度の料金がかかります。

また、週末コースや平日コースなども選べるため、スケジュールの調整もしやすいことが特徴です。

更に、現役のドローンパイロットから直接指導を受けることができるため、初心者、上級者問わず、高度な知識とスキルを習得できる可能性があります。

 

ドローンの資格を取得しておくべき人とは?

ドローンの資格は必須ではありません。

しかし、取得しておいて損がないことも事実です。

特に仕事でドローンを使う場合には、逆にしておかないと様々な面でデメリットが生じてしまう場合があります。

例えば、依頼主というのは、ドローンに関する知識とスキルを持った人に仕事を依頼したいはずです。

もし、資格を取得していなければ、自分がドローンの知識とスキルを兼ね備えていることをアピールできず、仕事を受注できない場合もあります。

また、高い位置からの空撮を行う場合なども、航空法や電波法による規制を考慮したり、国土交通省の許可申請などをする必要が出てきたりする場合もあります。

 

そのようなことを考えると、今後ドローンを使ってビジネスを始めたい人や、仕事で使う予定がある場合などは、是非ドローンの資格を取得しておくことをおすすめします。

ただし、先ほども紹介したように、ドローンに関する資格を取得するためには、数十万円というお金がかかります。

そのため、スクール選びを慎重に行い、自分の習得したいスキルや知識に沿って、決めることをおすすめします。

 

まとめ

ドローンスクールの料金相場は比較的高めに設定されています。

それにはいくつかの理由が存在しますが、1つだけ言えることは、それだけドローンの将来性が期待されているということです。

これだけ高い金額で設定されているにも関わらず、ドローンスクールの受講者はたくさんいます。

もし、将来的にドローンを使ってビジネスがしたいという場合には、時代の波に乗り遅れないためにも、是非早めに資格を取得しておくことをおすすめします。

おすすめの記事