ドローンに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

「ドローンを操縦してみたい」

「ドローンを使って空撮をしてみたい」

そう思っている人もいるはずです。

しかし、ドローンはラジコンのように気軽に飛ばせるものではありません。

誤って墜落させてしまえば、大きな事故にも繋がってしまいます。

 

では、ドローンを操縦するにあたって、必要となる資格や免許はあるのでしょうか。

 

ドローンに関する免許はない?

車やバイクであれば、国が認める免許証を取得しなければ運転をすることができません。

しかし、ドローンに関する免許というのは現状存在しません。

言い換えれば、

「誰でも操縦できてしまう」

ということなのです。

 

ただし、ドローンに関連する資格というのは存在します。

この資格を取得することで、ドローンを操縦するにあたって必要な知識やスキルを正しく習得することができます。

 

しかし、こちらもドローンを操縦するために必ず必要となるものではありません。

ドローンに関する資格が、どのような場面で必要となるかということについては、後ほど解説します。

 

ドローンの資格は民間資格

ドローンの資格は国が認定しているものではありません。

ドローン協会や、各ドローンメーカーが独自に認定している資格です。

そのため、ドローンの資格は何種類もあり、それぞれの団体によって、講義の内容なども異なります。

 

ドローンを飛ばすだけなら免許も資格もいらない?

ここまでの話をまとめると、

「ドローンに関する免許はなく、資格も必須ではない。そのため誰でも操縦できる」

ということです。

 

ただし、ドローンを飛ばすためには、法律や自治体が定めるルールを守らなければなりません。

これに違反すると、罰則の対象となってしまうのです。

 

しかし、ドローンの重量が200グラム未満のものは、規制の対象ではありません。

一般的にはトイドローンと呼ばれ、おもちゃと同じ扱いとなるのです。

そのため、初心者やまだドローンの操縦に慣れていないという場合は、このトイドローンを使って練習をすることがおすすめです。

 

民間資格は何のためにある?

そんな資格も免許も必要ないドローンですが、

「なぜ民間資格が存在するの?」

と疑問に思う人もいると思います。

 

民間資格は無意味に設定されたものではなく、ちゃんと意味があるのです。

それでは詳しく見ていきましょう。

技術やスキルの向上

まず資格を取得することで、ドローンに関する知識やスキルを習得することができます。

もちろん、ドローンを飛ばす時に守らなければならない法律などに関しても勉強します。

また、ドローンは、遠隔で操作をしますので、細かい動作になればなるほど操縦が難しくなってきます。

このようなテクニックも、実技講習でしっかりと身に着けることができるのです。

 

ドローンスクールの講師というのは、現役のプロパイロットであることが多いため、経験者にしかわからないことなども個別に教えてもらうことができます。

仕事で使う場合のアピールポイント

ドローンは、様々なビジネスで応用されています。

・害虫駆除
・農薬散布
・各種点検

など、色々な場面で使われますが、中には国土交通省の許可が必要な場合があります。

例えば、150メートル以上の高度で飛行するのは、航空法によって禁止されています。

しかし、空撮を行う場合など、150メートル以上の高度で飛行したいという場合も出てくると思います。

 

そのような場合には、国土交通省へ申請し、許可を取る必要があります。

ただ、国土交通省も誰にでも許可を与えるわけではありません。

基礎知識があり、10時間以上の飛行実績を持つ人などの基準があり、その基準を満たした人にしか許可を与えません。

 

しかし、ドローンに関する資格を取得していれば、国土交通省への申請も通りやすくなり、結果として仕事の受注へと繋がる場合があるのです。

 

更に、依頼主からの信頼を勝ち取ることができるというメリットもあります。

依頼する側も、ド素人よりも技術と知識を兼ね備えた人に仕事を依頼したいはずです。

その際に、資格を持っていれば、依頼主を安心させることができ、アピールポイントとなるのです。

 

知識もスキルもないまま、ドローンを扱う仕事をしてしまうと、最悪の場合事故を起こして賠償問題へと発展してしまう可能性がありますので、仕事でドローンを使う場合には、是非資格を取得しておくことがおすすめです。

 

まとめ

このようにドローンには、免許というものは存在しません。

ただし、ドローンを飛ばすうえでは守らなければならない法律やルールというものが存在しますので、あらかじめ基本的な知識をつけておく必要があります。

 

ただし、200グラム未満のドローンであれば、規制の対象外となりますので、初心者やドローンの操縦に不慣れな人は、まず200グラム未満のトイドローンから始めてみることをおすすめします。

それでもドローンの操縦に不安があるという場合には、資格を取得して、必要な知識とスキルを身に着けてから操縦することをおすすめします。

おすすめの記事