徐々に認知度が上がり、人気を集めているドローンですが、実は様々なビジネスにも導入されてきているのです。

中には、

「将来ドローンを使う仕事をしたい」

と思っている人もいると思います。

 

しかし、どのような業界でドローンが導入されているかをしっかりと把握していないと、自分の選択肢を狭めてしまうことになります。

そこで、この記事では、ドローンがどんな業種に導入されているのかということについて、詳しく解説していきます。

ドローンに関する求人にはどんなものがある?

ドローンに関する求人というのは、最近になってものすごく増えてきました。

具体的な業種については、この次の段落で紹介しますが、それだけドローンの需要、認知度が高まってきたということです。

 

しかし、ドローンを扱えるパイロットの数は、まだそこまで多くありません。

ということは、今のうちにドローンの知識やテクニックを身に着け、周りの人たちと差をつけることで、企業から、

「是非うちに来てほしい」

と言われるような人材になることができるのです。

 

ドローンを扱う代表的な仕事

では、どのような企業がドローンの導入を始めているのでしょうか。

代表的な職種をいくつか紹介していきます。

サービス系

サービス系というのは、簡単に説明すると、

「ドローンを販売する仕事」

ということです。

ドローンの需要、認知度が高まってきた現在では、ドローンを欲しがっている人がたくさんいます。

しかし、ドローンを欲しがっている人の立場から考えると、知識もスキルもない販売員からドローンを買おうとは思わないはずです。

 

このようなことから、企業もドローンの知識と経験のある人員を欲しているのです。

専門職系

専門職というのは、

「ドローンの研究開発チーム」

のことを指します。

ドローンに組み込むプログラムや、ソフトウェアなどの開発に携わることができるため、ドローン好きにはまさに天職ともいえるでしょう。

このような専門職系で働く場合には、ドローンの知識や経験に加え、プログラミングなどの知識も必要となる場合がありますので、そちらもしっかりと勉強しておくことをおすすめします。

企画系

先ほども説明したように、今後ドローンを導入する企業は、益々増えていくことが予想されます。

そのため、新しくドローンを使ったビジネスを始める企業の企画担当者という求人もあります。

「どのような事業を展開していくのか」

「見込める利益はどれくらいなのか」

「コストを削減しつつ、ドローンで利益を上げるにはどうすればいいか」

など、想像力や発想力が必要となる分野でもあります。

パイロット

ドローンを使った仕事の中で、一番人気と言っても過言ではないのが、パイロットです。

ドローンを巧みに操縦し、空撮や点検、農薬散布、測量など、たくさんの仕事をこなすことができます。

スクールの講師

ドローンの歴史というのは比較的浅いため、まだドローンのプロと呼べるような人材は少ないです。

そのため、いち早くドローンの知識とスキルを手に入れて、ドローンスクールの講師になるということも一つの手です。

 

ドローンの知識と経験を持っている人が少ない今だからこそ、ドローン講師の枠が開いていますが、今後ドローンのプロと呼べる人たちが増えてきてしまうと、ドローン講師の需要がなくなってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

ドローン関係の仕事の年収は?

先ほども説明したように、ドローンを扱える人や、知識を持っている人というのは比較的少ないです。

そのため、今の段階でドローンをプロ並みに扱える人の年収は比較的高くなる傾向にあります。

平均的には、350万円から550万円程度と言われていますが、経験や知識によってはもう少し優遇される可能性も十分にあります。

 

また、日本では上記の金額が平均的ですが、海外でドローンを扱っている企業の年収を見てみると、1000万円を超える企業もあります。

「ドローンで勝負をかけたい」

という人は、思い切って海外の企業に挑戦してみるのも一つの手ですね。

ドローンを使う仕事をするなら資格は必要?

ドローンを扱う仕事をするのであれば、資格は取っておくべきです。

ドローンを操縦するだけであれば、資格は必要ありませんが、仕事をするとなると話は別です。

資格がないということは、クライアントや企業に、

「自分はドローンを扱える」

ということをアピールできないため、面接の際も、仕事を取ってくる際も不利になってしまう可能性があります。

 

しかし、資格を取っておけば、クライアントや企業へのアピールポイントにもなるため、採用の可能性を高めたり、クライアントの安心して任せてもらえるようになったりすることがあります。

まとめ

ドローンは、徐々に人気を集めてきていて、ビジネスの場でも活躍し始めてきています。

現在でも、様々な業種でドローン関係の求人を出しており、圧倒的に売りて市場となっているのです。

そのため、今後ドローンを使った仕事をしたいと思っているのであれば、今すぐにでも知識と経験を積み、ドローンのプロと呼ばれるようになる努力をする必要があります。

その際に、資格を持っておくとかなり強いアピールポイントとなりますので、是非資格取得も視野に入れることをおすすめします。

おすすめの記事